ユーザー様へのお知らせ

◆  『Windows10 November 2019 Update』による動作不良について

Microsoft社より、2019年11月に『Windows 10 November 2019 Update』が提供されています。このアップデートのうち


・Microsoft Office 各製品 (KB4484127)(KB4484119)(KB4484113)


の更新により、『Calstudio』でエラーが表示されることがわかりました。
このエラーは、上記のうち適用された(KB○○○○○○○)をアンインストールしていただくことで解消します。
ご不明な点等ございましたら、サポートダイヤル(0120-627-752)までご連絡くださいますようお願い申し上げます。 

(2019/11/25 以下追記)

対処方法の詳細は、下記のリンクをクリックしてご覧ください。

「Calstudio」:“クエリは破損しています。”の対処方法

 

◆  『Windows7』をお使いのキャルシリーズユーザー様へ

2020年1月14日『Windows7』のサポートが終了します。

◆  SKポータル手動更新のお願い(解除キー版、クラウドライセンス版のユーザー様へ)

CalssistV17、CalstudioV16の公開に合わせ、「SKポータル」にCalssistV17、CalstudioV16等の表示を追加いたしました。
「SKポータル」のバージョンが古いと、追加した部分の表示が不完全な状態になっています。(他のバージョンの動作に影響はありません。)
大変お手数をおかけしますが、当サイトの「ユーザー様用」-「ダウンロード」のページを開き、「SKポータル」の手動更新用ファイルを実行して「SKポータル」をバージョンアップしていただきますようお願いいたします。

 

◆ 『USBキー』の更新(バージョンアップ)について

『USB版』『ネットワーク版』のお客様へ

キャルシリーズ製品のバージョンアップをされる際、通常『ネットワーク版』のすべてのキーと、『USB版』の一部のキーは、キーの自動更新(バージョンアップ)ができません。

そのため、ご連絡いただいたお客様には、弊社より手動更新の手順をご案内しております。

 

しかしながら、OS、ドライバ、その他ソフトウェアのバージョンアップにより、従来のように手動更新ができないケースが生じております。

 

★USBキーの種類について(ネットワーク版は赤色です。)

USBキーを販売時期の古いものから並べると、以下の①→②→③→④になります。

① 『HASP4』

②③『HASP HL』

④ 『Sentinel HL』 

★手動更新の能否等について

① 『HASP4』・・・手動更新はできません。自動で更新された場合はそのままお使いください。

②③『HASP HL』・・・自動更新されない場合はご連絡ください。手動更新をお試しいただき、更新できない場合は別の対応方法をご相談させていただきます。

④ 『Sentinel HL』 ・・・手動更新できます。自動で更新された場合もそのままお使いください。

 

画像番号 キーの名称

自動更新(USB版)

自動更新(ネットワーク版)

手動更新 お願い
HASP4

キーの書込領域に空きがない場合は自動更新できません。

× ×

更新(バージョンアップ)できない場合は、弊社までご連絡ください。

 

フリーダイヤル:0120-627-752

 

sk-co@system-inn-kokusai.co.jp

HASP HL

キーの書込領域に空きがない場合は自動更新できません。

×
Sentinel HL ×

※自動でも手動でも更新ができない場合

解除キー版への変更(無償)や、新しいキーとの交換(有償)、またはクラウドライセンス版への変更(有償)等をご提案しております。

更新ができないキーはメーカーサポートも終了しておりますので、無理な使用は避けていただくことをお勧めいたします。