FAQ ツール


Windows7以降のバージョンでワード・エクセルコンバータのプロパティ変換・利用禁止文字チェックツールが使えません。

 

Windows7以降のバージョンでのプロパティ変換・利用禁止文字チェックツールの動作保証はしておりません。


PDF作成支援ツールでエラーが出ます。

 

PDF作成支援ツールには以下の制限があります。

○取り扱えるPDFのファイルサイズは上限(32MB)です。通常電子納品でのご利用を想定しているため、電子納品用途外の数百MBサイズのPDFの取り扱いは想定しておりません。

○動作確認しているAcrobatはDCまでです。また扱おうとしているPDFはDC以下の正規版のAdobeAcrobatで作成された非圧縮のPDFであることが必要です。


PDF作成支援ツールで「しおりがありません」と表示され、しおりの取得ができない。

 

リンク先のZIPファイル
http://www.system-inn-kokusai.co.jp/setup/CALSPDFS2.zip
を解凍して作成されるCALSPDF2.APIを、
Acrobat○○のインストールされている下記のフォルダに配置してください。
下記は一例です。
        C:\Program Files (x86)\Adobe\Acrobat ○○\Acrobat\plug_ins

の中にCALSPDF2.APIをコピー貼付けしてください。


PDF作成支援ツールで変換できないものがあります。


マクロを含むもの、シート非表示設定しているものは変換できない場合があります。マクロを削除、その他設定項目を標準に戻してから変換してください。


PDF作成支援ツールで分割できないPDFがあります。


PDF作成の段階のAcrobatの設定で、「圧縮」をするとしている場合PDF作成支援ツールでは分割できません。圧縮をしない設定で該当のPDFを作成しなおしてください。


PDF作成支援ツールで「パラメータが正しくありません」となります。

 

ファイル名に設定した名前が、分割ファイルの書き出し先に既に存在している場合、「分割後のファイルに既に存在するファイル名が含まれています。上書きしてよろしいですか」のメッセージが表示され、継続した場合に、「パラメータが正しくありません」のエラーメッセージとなります。

分割ファイルの書き出し先に同名のファイルが存在しないようにして作業を行ってください。


PDF作成支援ツールで「想定外容量取得に失敗しました」となります。想定容量はどれくらいなのですか?


32MB以下です。


PDF作成支援ツール『実行時エラー48 DLL読み込み時のエラーです』

 

AdobeAcrobatを再インストールしていただくと改善します。


PDF作成支援ツール『実行時エラー '9':インデックスが有効範囲にありません。』

 

「PDF一括作成」タブの保存フォルダの「参照」ボタンをクリックしたとき『実行時エラー '9':インデックスが有効範囲にありません。』とエラーが表示される。
原因は、参照ボタンをクリックした際、PDF作成支援ツールは直前の保存フォルダを参照しますが、そのフォルダが存在しないと判断した場合(リムーバブルや、既に削除したフォルダ、ネットワークドライブであった場合)表示できないため、このエラーとなります。

 

参照場所はレジストリに記録されているため、その箇所を修正するレジストリをインポートすることで改善します。
レジストリ書き込み用のファイルをダウンロード、解凍しPDFtool.regを実行するか、直接以下の箇所のレジストリを修正してください。
【ダウンロード】http://www.system-inn-kokusai.co.jp/cals/PDFTOOL.zip
【直接修正】[HKEY_CURRENT_USER\Software\VB and VBA Program Settings\fu4\system]
"SavePath"= の値を
"SavePath"="c:\\"  など存在するフォルダに変更してください。

 

※この不具合は2016年1月発行のキャルシストVer14のマイナーバージョンアップで修正しております。


PDF作成支援ツールの別ファイルにリンクするしおりのアクション設定(プロパティ[別の文書内のページに移動])で、「新規ウインドウ」「既存のウインドウ」を選択することは出来ますか?

 

できません。

別ファイルにリンクするしおりのアクション設定(プロパティ[別の文書内のページに移動])は、Ver14以降のPDF作成支援ツールでは「既存のウインドウ」の固定となっております。


CalssistVer14で「ツール」-「施設・機器台帳作成ツール」を呼び出すと、「施設・機器台帳作成ツール Ver4」が起動します。

 

CalssistVer14は「施設・機器台帳作成ツール Ver4」にリンクしているため、メニューから呼び出すとVer4が起動します。

Ver4がインストールされていない環境では、
施設・機器台帳作成ツール
---------------------------
パス名が無効です。 75 (SaveFile )
のエラーとなります。

「施設・機器台帳作成ツール Ver5」を起動する場合は、Calssistから呼び出すのではなく、直接「施設・機器台帳作成ツール Ver5」のアイコンをダブルクリックして起動してください。