国土交通省 オンライン電子納品

『Calssist Ver.18』は

『オンライン電子納品実施要領 令和3年11月 国土交通省』に対応しています

 


オンライン電子納品とは?

情報共有システム上の電子成果品(打合せ簿、報告書、図面等)

インターネットを介して納品すること。

 

●適用開始日

  令和3年12月1日以降に竣工する工事から適用。

 

●対象

  すべての土木工事。 電気通信設備工事、機械設備工事、業務は当面対象外。

 

●実施要領

  国土交通省_電子納品に関する要領基準のサイト に掲載されています。

 


オンライン電子納品の効果

●電子成果品の作成、納品に係る作業の省力化、効率化

 

■受注者

  電子媒体(CD-R等)への格納、ラベル等の作成、郵送等の作業削減(時間、費用)

 

■発注者

  電子成果品チェック、差し戻し作業の負担軽減

  電子成果品の確実な納品(電子納品・保管管理システムへの自動登録)

 


概要

 ●Calssistで作成するもの

 

・管理ファイルとフォルダ構成例

INDEX_C.XML

INDE_C07.DTD

・DRAWINGF

・REGISTER

・BORING

・ICON

・OTHRS

・PLAN

 

・準拠する電子納品要領

令和 3 年 3 月版以降が基本・・・工事管理ファイルのメディア番号、メディア総枚数は「0」

令和 2 年 3 月版以前の場合・・・工事管理ファイルのメディア番号、メディア総枚数は「1」

 

 

 ●情報共有システムの統合機能により、電子成果品として整理するもの

・MEET

 

 

 ●電子媒体に格納して提出するもの

・写真

 

 ※工事完成図、台帳の紙出力しての納品は不要です。

 


Calssist Ver.18

 『Calssist Ver.18』令和 3 年 3 月版以降の要領を選んで作成すると、納品イメージ作成画面で「オンライン電子納品」を選択できます。

 

「オンライン電子納品」を選択すると、工事管理ファイルのメディア番号、メディア総枚数が自動的に「0」になります。