デジタル写真管理システムCalstudio

機能

●デジタル工事写真の信憑性確認(改ざん検知機能)を追加

●小黒板連携機能による自動振り分け機能を追加

●『日本高速道路(NEXCO)』工事記録写真等撮影要領(平成29年7月版)/施工状況写真撮影箇所一覧表(平成29年)に対応


デジタル工事写真の信憑性確認(改ざん検知機能)

電子小黒板を使った工事写真の電子納品に必要な、デジタル工事写真の信憑性確認(改ざん検知機能)を搭載。

※JACIC(一般財団法人日本建設情報総合センター)の検定に合格。

小黒板連携機能による自動振り分け機能

撮影時に電子小黒板に設定された『写真区分』『工種』『種別』等に従って、自動で写真を分類する機能を搭載。

※JACIC(一般財団法人日本建設情報総合センター)の検定を受験予定です。

デジタル写真を一括登録

エクスプローラより「ドラッグ&ドロップ」で写真を一括分類・一括登録できます。
デジタルカメラやスキャナから写真データの直接登録も可能。 登録時には自動的にファイル名が写真タイトルに設定されます。

一覧表形式の写真属性入力

エクセル風の作業画面を採用。大量のデータでも効率的に入力できます。
 一覧表の左にはサムネイル写真を表示できるので、写真を確認しながら項目の入力ができます。

ダイジェスト版作成機能

任意の写真を「ダイジェスト版」として登録し、表紙・目次付のエクセルファイルを作成できます。

レイアウト自由な印刷機能

印刷する写真帳別に様々な設定ができます。
 (プレビュー画質・ページ番号・名称の表示非表示・フォルダ毎の改ページ・任意の写真での改ページ)
 参考図の拡大印刷もできます。

黒板画像の自動検索

工事写真に含まれる黒板部分を自動で検出します。
これにより、黒板を確認しながら、写真分類、電子納品項目の入力ができます。
 特に、整理担当者と撮影者が異なる場合に便利です。

複数のアルバムデータをひとつに

別々に作成したアルバムを結合できるので、複数人でアルバムの作成・管理ができます。
ハードディスクに同じフォルダ構成で作成してあれば、インポート時にはキャルスタジオ上に自動的にフォルダが作成されます。

写真だけの電子納品もおまかせ

写真だけの電子納品はCalstudioにおまかせ。



対応要領・基準

 

  • 国土交通省
  • 農林水産省
  • 東日本・中日本・西日本の各高速道路株式会社
  • 日本下水道事業団
  • 地方公共団体
  • 東北電力


動作環境

  • 対応OS:Windows 10 32bit,64bit / 8.1 32bit,64bit / 7 32bit,64bit
  • CPU・メモリ:各OSが推奨する環境以上
  • ハードディスク:150MB以上の空きが必要
  • マニュアル閲覧用にAdobe Acrobat Reader5以上が必要

価格

 36,000円 (税別)

  • 1年間の保守費用を含みます。
  • 同時申込本数が5本以上の場合は割引があります。詳しくはお問い合わせください。

Calstudio Ver.15リーフレット