ユーザー様へのお知らせ

◆ Microsoft Edgeでスタイルシートが開けない場合

当サイトの「ユーザー様用」-「FAQ(よくある質問)」-「FAQ_エラーメッセージ・不具合」に、設定方法を掲載しましたのでご確認ください。

◆  弊社製品でプロテクト機器(HASP)が認識しない場合

① ② のUSBキー(プロテクト)をお使いのお客様へ

USBプロテクト(2008年以前にご購入)をお使いのお客様で、Calssist、Calstudio等のバージョンアップ後、ソフトが起動しなくなる場合があります。

この問題は、プロテクトドライバ(USBキーのためのデバイスドライバ)の再インストールで解消できる場合があります。

以下のリンク先からUSBキープロテクトドライバ (Ver7.8.1)をダウンロードしてインストールをお試しください。

https://sk-isv03.com/cal/skcal/user/sentinel_driver_setup_V781cmd.zip

 

【インストール方法】 

ダウンロードした『sentinel_driver_setup_v781cmd.zip』を解凍して作成される

「sentinel_driver_setup_v781インストール方法.pdf」を参照してください。  

◆  『Windows 11』動作確認結果のお知らせ

【正常に動作】

 ・Calstudio Ver.16、Ver.17

 ・施設・機器台帳作成ツール Ver.5、Ver.6

 【一部機能に支障あり】

 ・Calssist Ver.17、Ver.18

 

『Windows 11』をご利用のお客様へ 

 『Windows 11』では、Calssistの「境界座標情報を地図上から取得するための位置ボタン」が機能しません。

 この機能改善は2022年4月以降のアップデートで対応予定です。

 恐れ入りますが、対応完了までは、境界座標緯度経度入力を手入力で行ってください。

 大変ご不便をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 弊社製品の動作に関しお気づきの点等ございましたら、弊社までご連絡ください。

   e-mail:sk-co@system-inn-kokusai.co.jp

◆  「Calstudioが起動できない」または「アルバムが開けない」場合の復旧方法

下記の現象が起きる場合があります。(2021年7月現在)

・「オペレーティングシステムは現在このアプリケーションを実行するように構成されていません」と表示されCalstudioが起動できない。

・Calstudioのアルバムを開こうとすると、応答なしになる。

詳細と復旧方法は、「ユーザー様用」-「FAQ(よくある質問)」-「FAQ_Calstudio(キャルスタジオ)」のページをご覧ください。

◆ 国土交通省 電子納品チェックシステムVer15.0.0 『台帳フォルダ(REGISTER)』のチェックについて

『国土交通省 工事完成図書の電子納品要領 令和2年3月版』では、『台帳(REGISTER)』フォルダの出力及び「着手前写真ファイル」“PRE-PIC.JPG”「完成写真ファイル」“POST-PIC.JPG”の出力が必須となっています。

 

チェックに関する弊社の検証結果を掲載しております。

国交省REGISTERのチェックについて

 

※この検証結果は、令和3年3月版のものではありません。ご注意ください。 

◆  SKポータル手動更新のお願い(解除キー版、クラウドライセンス版のユーザー様へ)

Calssist、Calstudioの新バージョン公開に合わせ、「SKポータル」に新バージョンの表示を追加いたしました。
「SKポータル」のバージョンが古いと、追加した部分の表示が不完全な状態になっています。(他のバージョンの動作に影響はありません。)
大変お手数をおかけしますが、当サイトの「ユーザー様用」-「ダウンロード」のページを開き、「SKポータル」の手動更新用ファイルを実行して「SKポータル」をバージョンアップしていただきますようお願いいたします。 

◆ 『テレワーク』でキャルシリーズを使うには?

表の『○』が使用可能です。

『△』は、ネットワーク環境等によるため、起動できない場合があります。

  自宅PCにインストール リモートデスクトップで会社PCにつなぐ
解除キー版
クラウドライセンス版
USB版 ×
ネットワーク版 ×

●『自宅PCにインストール』の場合は、以下の手順を行ってください。

 解除キー版は、事前にシステムイン国際にご連絡が必要です。

 弊社が休日で対応ができない場合は、「体験版として起動」していただくと、電子納品物作成の手前までの入力作業をすることができます。

在宅ワークでのキャルシリーズ使用方法

◆ 繁忙期によくあるお問い合わせ(2020年)

これまでに頂戴したお問い合わせのうち、繁忙期に参考にしていただけそうなQ&Aをまとめました。

※ その他の疑問については、「FAQ(よくある質問)」のページをご覧ください。

※ 問題が解決しない場合は、弊社サポートまでお問い合わせください。

◆ 『USBキー』の更新(バージョンアップ)について

『USB版』『ネットワーク版』のお客様へ

キャルシリーズ製品のバージョンアップをされる際、通常『ネットワーク版』のすべてのキーと、『USB版』の一部のキーは、キーの自動更新(バージョンアップ)ができません。

そのため、ご連絡いただいたお客様には、弊社より手動更新の手順をご案内しております。

 

しかしながら、OS、ドライバ、その他ソフトウェアのバージョンアップにより、従来のように手動更新ができないケースが生じております。

 

★USBキーの種類について(ネットワーク版は赤色です。)

USBキーを販売時期の古いものから並べると、以下の①→②→③→④になります。

① 『HASP4』

②③『HASP HL』

④ 『Sentinel HL』 

★手動更新の能否等について

① 『HASP4』・・・手動更新はできません。自動で更新された場合はそのままお使いください。

②③『HASP HL』・・・自動更新されない場合はご連絡ください。手動更新をお試しいただき、更新できない場合は別の対応方法をご相談させていただきます。

④ 『Sentinel HL』 ・・・手動更新できます。自動で更新された場合もそのままお使いください。

 

画像番号 キーの名称

自動更新(USB版)

自動更新(ネットワーク版)

手動更新 お願い
HASP4

キーの書込領域に空きがない場合は自動更新できません。

× ×

更新(バージョンアップ)できない場合は、弊社までご連絡ください。

 

フリーダイヤル:0120-627-752

 

sk-co@system-inn-kokusai.co.jp

HASP HL

キーの書込領域に空きがない場合は自動更新できません。

×
Sentinel HL ×

※自動でも手動でも更新ができない場合

解除キー版への変更(無償)や、新しいキーとの交換(有償)、またはクラウドライセンス版への変更(有償)等をご提案しております。

更新ができないキーはメーカーサポートも終了しておりますので、無理な使用は避けていただくことをお勧めいたします。